FC2ブログ

イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

2010.04.20[火] 主張する看板、”第6弾” 『成形』篇~その2~

おはようございます。ミッチーです。

外は冷たい雨のようですね。



さて、先日に続き

瓦を新しい視点からとらえ,
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第6弾”です。


今回も天日乾し煤払い同様、一製造工程の成形についての
造り手の想いを解いた看板です。


成型8


瓦は、588年に飛鳥寺を建立する時に
中国から瓦博士を呼び、焼かせたのが日本では始まりですが、
その時以来、ずっとほぼ同じデザインで現代にまで来ました。

その中で江戸時代に和型が生まれたのですが、
1400年もの長い間、磨かれ続けた究極のデザインです。

よく言われるのは、「瓦は進歩がない。」「ずっと同じデザインである」と、
口撃を受けることも多々ありますが・・・・・


しかし変わらないデザインだからこその良さがあります。
100年後も200年後も修理、修復が可能なエコな屋根材がこの日本瓦です。




昔から変わらぬ瓦型があるからこそ、
私達の造る瓦は、100年後も存在するでしょう・・・。





しかし型は、先代と同じでも造り手が変れば、形が変わるものもあります。
それは、造り手の心が瓦に表れるからです。

成型5


ただ、型で瓦を造るのではなく、熟練した技術を持つ職人達は、
魂を込めて創ります。

成型6


そうすることによって、
その時代の独自の瓦を生み出すことが
出来るのです。


成型4


デザインは今回も“まーやん”です。





来月から行われる淡路瓦400年祭では
是非、当事業所に足を運んで、造り手の想いを感じて下さい。



成型14



今回も何回も家族会議により、このような表現に至りました。
これもまた、私達の自信作です。




皆さん伝わっていますでしょうか?



ポチ伝わっている方、お願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2010.04.09[金] 主張する看板、”第6弾” 『成形』篇~その1~

おはようございます。大変ご無沙汰のミッチーです。




成形1

これは、『型』によって‘たい焼き’を作っているところです。

型モノと言えば、なんだか量産品、または工業製品の
安物のイメージに思われがちですが・・・・・。

しかし、大量消費と低価格を可能にした道具が『型』であり、
今の日本のものづくりを支える製造業にはなくてはならない道具でもあります。



下記写真は鋳物で出来た瓦型です。
古いものでは鉄で出来た金型もあります。


成型12

上記の型は、先代が造りました。

下記のこの型は、私が造りました。

成型11



型製作には、色々な苦労や喜び等のドラマがあります。


成型13


これを見れば、決して安物の工業製品には見えないでしょう!!!
ここには、ほんの一部ですが、私の工場では、新旧200以上の瓦金型が存在します。





型をもって形を成す。








私達の瓦屋で、なくてはならないものが『型』です。

普段、プレス機に『型』を取り付けて成形しているわけですが、

私達には何気ない風景を、
何か表現できないか?

瓦を新しい視点からとらえ、
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第6弾”です。

成型2


只今、製作中です。






つづく!!!







ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2010.03.24[水] 主張する看板、”第5弾” 『煤払い』 篇

こんばんは。ミッチーです。


最近は、皆さん毎日が年末の大掃除なみに、掃除をしてくれるので
古くなったホウキを新調しました。


アフター
煤払い3

ビフォー
煤払い2


ここまで使い込めばホウキもほんとに値打ちがあります。



ところで、
私達の造っているいぶし瓦は
窯から出てきた瓦達の全身に浴びた煤(すす)を
ホウキならぬ刷毛(はけ)で払い落とし掃除します。


煤払い4

瓦屋では、煤(すす)を厄介者として払い落としているように思われがちですが、
決してそうではありません。



私達には普段何気ない風景ですが、
それを何か表現できないか?



瓦を新しい視点からとらえ,
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第5弾”です。





看板と言うより、今回も天日乾しと同じく一製造工程の解説です。







年末の大掃除の時期になれば、煤払いと言う言葉を良く耳にしますが、
本来“煤払い”は1年の厄を祓い落として新しい年の歳神様(としがみさま)
をお迎えするという信仰的な行事です。

日本人は、古くから神仏に感謝し、家族の幸せを願い祈りを捧げ、道を繋ぎます。



窯から出てきた瓦たちも同じです。

煤払い6


全身に帯びた煤(すす)を職人の手により1枚ずつ想いを込めながら
払い清められ、施主様に迎えられる準備をするのです。


煤払い9

私達の内なる想いを表現したい。




煤払い11

デザインはもちろん今回も’まーやん’です。





煤払い8


人の手による瓦の“煤払い”は神聖な作業なのです。






ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2010.02.05[金] 床のお化粧直し~その2

こんばんは。ミッチーです。

今日も、ホントに寒い1日でした・・・・。

瓦屋は瓦を焼く窯があるから?なのか
冬の工場は暖かく思われがちですが・・・・

正直なところ、全然、温かくはありません。

夏は、うだる様な暑さなのですが・・・!!

冬場,窯の周辺1メートルぐらいが温かいだけで・・・・、
それよりも足元のコンクリートからの冷え込みが、
とてもキツイです。


しかし、先日から、床のペンキ塗りを始めてから、
なんだか温かく感じるようになったと作業をしている職人さんと
今日話していたところです。

20100203.jpg


蛍光灯の光が、やさしく床に映っているのを見るとペンキを塗った達成感に包まれます。

1002031

柱だって、床に・・・・

1002032.jpg


全然仕事感の無い工場風景ですが、
仕事道具などをあっちへ! こっちへ!と動かして・・・
写真に写っていない所は、瓦製造道具がモリモリと大変な状態に!!!







今度は、速やかにプレス機周辺へ移動!


1002034jpg.jpg

プレス機、足元をマスキングテープを施し

プレス機周辺は、油に強い、黒色の下地ペンキを塗り・・・

1002035jpg.jpg

1002036.jpg


そして、上塗り剤を、しっかり厚化粧して、
こんなに綺麗になりました。


つづく・・・





ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2010.01.30[土] 工場の床ペンキ塗り~その1

こんばんは。ミッチーです。


今日も昼間、とっても暖かったですね!!

ポカポカしていて気分も穏やかになります。

もう気付けば1月も終わりに差し掛かっていて、

この間、新年が明けたというのに、もう2月かぁといった感じです。




ところで、年末から、体調不良で仕事の予定が
大きく狂ってしまいました。
予定では、工場の床を1月中旬までに綺麗にしたいと思っていたのですが・・・。


「今からでもするべきか?」と大きく悩んだ結果、



思い立ったらすぐ!!先日から、始めました。








まずは、すばやく整理・整頓をおこない、

201002011.jpg


201002012.jpg


掃除機をかけます。
201002013.jpg





そして、阿万鉄工さんによる指導の元

201002016.jpg

201002017.jpg

ペンキの調合を手伝っていただきました。

201002014.jpg


201002015.jpg


今まで、いろんな所にペンキは塗りましたが、
床は初体験です。

床のペンキ塗りは、
①透明の液体による下地塗りから始まります。
ペンキをコンクリートに接着させる効果とコンクリートからの湿気を止めて
ペンキがはがれにくくする効果があります。
 本塗りまでは、塗り終えて5時間ほど間をあけます。

②本塗りの1回目を塗ります。
 本塗りの2回目までは、まる一日、間をあけます。
③その後本塗りの2回目に至ります。

合計3回に亘って塗り上げます。

結構、手間暇が、かかります。


下記は、まだまだ本塗り1回目の途中経過ですが・・・・

201002019.jpg

ペンキ塗りたてで、工場の中に入れないので外から写真を撮りましたが、
蛍光灯の光が反射して光っていますね!!!


スゴイ!スゴイ!

見栄えが一段と良くなり作業中のモチベーションもアップ!!


しかし、まだまだ後日この上に本塗り2回目をおこなうので、
もっともっと光るかもね?



どう変化するのか、とても楽しみです。




つづく!!!








ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

ミッチー&まーやん

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop