イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.07.08[木] 柏餅じゃないよ、葉もちだよ!

こんばんは、まーやんです

今回は、“葉もち”を作りました。
いわゆる「柏餅」ってやつですね

1007072.jpg


〔葉もちの作り方〕※15個ぐらい
・サルトリイバラの葉・・30枚
・もち粉・・・・・・・・約250g
・水・・・・・・・・・・約200cc
・塩・・・・・・・・・・少々
・こしあん・・・・・・・お好みで
・片栗粉・・・・・・・・適量 

①葉を洗って拭く。
②もち粉に塩と水を入れて、耳たぶぐらいのやわらかさにこねる。
③②で丸めたこしあんを包み、まわりに片栗粉(お餅を葉から取れやすくする為)を
 薄く付けて葉ではさむ。
④蒸し器に入れて10~12分ぐらい蒸して出来上がり。

1007074.jpg

近畿圏以西では、柏の葉ではなく、サルトリイバラ(猿捕茨)の葉
(別名:サンキライ〔山帰来〕)を使います。
お餅は、上新粉やだんご粉ではなく、“もち粉”を使用し、中にこしあんを詰めます。
サルトリイバラの葉で挟んで蒸すと、お餅に葉の香りが残り
とても良い香りがします

1007071_20100708234833.jpg

サルトリイバラは、昔は毒消しの実として使われていました。
茎には刺があって、他の植物に絡み付いて成長します。
山野に多く自生しているため、栽培をおこなうことはせず、
毒消しの必要がある時に山に入り実を食べて帰ってくるという利用を
されていたので、名前の由来もこのことから別名:山帰来と呼ばれてるそうです。
塊茎は吹出物、肌あれなどに効果があるそうです。

なんだか、体に良さそうな葉ですね!

ちなみに、“サルトリイバラ(猿捕茨)”の名前は
猿が捕まってしまう恐ろしい茨(イバラ)だったとも言われます。

私の実家では、この葉もちを「バラ餅・バラの葉もち」と呼びます。
他の地域でも、いろいろな名前で呼ばれているみたいです。〔がめの葉もち・バラッパもち〕

後から聞いたのですが、もち粉に1割ほど薄力粉を混ぜると、
次の日でも、やわらかいお餅になるそうです
次回、試してみようかな

1007073.jpg




よろしかったら、足跡がわりにポチお願いします音符

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://maruasa.blog49.fc2.com/tb.php/230-ded68fd9
マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

ミッチー&まーやん

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。