イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.01.31[土] 絶品!淡路島の生キャラメル

こんにちは、まーやんです!

今日は、ミッチーさんが瓦組合の総会に行ったときに買ってきてくれた
お土産の「淡路島 生キャラメル」のご紹介です!

2009.1.31キャラメル1


生キャラメルは、プレーンタイプ(十五粒入り八百五十円)と、
カカオパウダーをまぶしたチョコ風味(同八百八十円)の二種類。
※写真は、チョコ風味の方です。
淡路島内産の牛乳と生クリームをた~ぷり使った贅沢な手作りの一品ですキラキラ

2009.1.31キャラメル2


口の中に入れるとファ~ッとトロける、やさしい口どけの生キャラメルは、
ちょっとビターで豊かな風味が広がりましたOK

現在、大鳴門橋記念館、道の駅うずしお、道の駅あわじ、
イングランドの丘、ワールドパークONOKORO、うめ丸旅館
で販売されています。



スポンサーサイト

2009.01.28[水] 深夜3時に・・・!!

こんばんは。ミッチーです。



今回この達磨窯プロジェクトに参加して思うのは・・・。

全てにおいて
あたたかさ、温もりを感じること。

火の入った窯は、もちろん暖かいのですが、
何より、火を囲んだ瓦製造同業者や、
瓦製造に関係無い他業の方の全員の雰囲気が良く
とても暖かったです。


2009/01/28

上記の写真は、深夜3時くらいの写真です。

薪をくべながら酒を交わし、雑談が・・・。
ゆっくり、ゆっくりと時間が過ぎていきます。

淡路の島じかんが凪がれます。



2009.01.27[火] HP更新のおしらせ(製造工程)

こんにちは、まーやんです。

久々にホームページを更新しましたパソコン

今回は、小瓦の製造工程の追加です。

マルアサの「小瓦瓦1」が出来るまでを簡単にご紹介しています。

2009.1.27製造工程

1枚 の瓦を完成させるのに 約3週間 かかります。

熟練の職人さん達によって手間隙をかけて造られた「小瓦」達。

詳しくはHPの方で・・・。


2009.01.26[月] モニュメント造り・・・その後 ②

以前紹介した青年部でおこなっているモニュメント造りの続報です。

何やら、道が、出来ましたね。
鬼瓦も現れましたね。


2009/01/26

詳しくのぞいて見ると、道は、焼き方に変化をもたせ、
いろんな色が微妙にうかがえる燻し焼き瓦タイルです。


この場所は、この時期、西風が強く、作業するのに大変です。


寒い寒い寒い!!!

耳がちぎれそうになるくらい風が冷たく、しもやけになりそうです。

まだまだ完成していませんが、今後、土塀が出来る予定です。
残念ながら、予算の関係などで、4月以降の再開です。
個人的には、4月以降でホッとしています。

想像してみてください。
鬼瓦の横などに緑いっぱいの木々を植え、赤や白、黄色などの
花が咲くのを考えてみたら楽しくなるよね。

はてさて、どんなモニュメントになるのか?
また、報告しますね。

2009.01.25[日] おすすめのポン酢♪

こんにちは、まーやんです!
今日は、この時期にはかかせない「ポン酢」のご紹介です!

私のお気に入りはたかはしのポン酢指

2009.1.25


天然の果汁や昆布、かつおのだしがたっ~ぷり入ったこの
”こだわりのすだちぽん酢”は味もまろやかで、
より素材の味や料理の味を引き立ててくれます。
ポン酢の、あの喉にツンとくる感じがなく、
適度な酸味と喉こしの良いまろやかな味になってます。
瓶の中には、昆布がそのまま入っていますよ!


今ではスーパー等で売られている”ぽん酢”も多様化し、
いろいろな味を楽しめるようになったけど、
このぽん酢に勝るものにはまだ出会えていませんグー!


私達の造っている「小瓦」も調味料のように、主役になることはなくても
主役を引き立たせるには調味料が“決め手”なんですよね。

瓦を使うことにより、素材が生きる。

そんな空間を造って行けたらいいなぁ~ニコ

2009.01.23[金] 組合青年部・総会です。

こんばんは。ミッチーです。


先日、津井瓦工業協同組合の青年部の総会・新年会が、行われました。
総会は、2年に1回の割合で、行われます。

私は、20歳過ぎで入り、青年部員は30人以上で大変にぎやかだったのですが、
今年は、とうとう部員も15人になりました。
20歳代が5人でその後は30歳以上です。

2009年1月22日

内容は、会計報告、今年の予定、研修旅行をどうするか?などなど。
そして、役員改選により今年から、私は、副部長になりました。

『参ったな~!』

役職をするということは、人の世話をするということで、何かと忙しい中、大変だと思いますが、
全てをプラス思考に考え頑張りたいと思います。


それにしても、社会的には、大不況で、
この瓦業界も、未曾有の深刻な状況が続いています。
やはりこの不況を乗り超えるには・・・・・・・。
 
テレビでも言っていたのですが、
例えば、ディズニーランドに訪れる客は、年間2000万人。
しかし勝ち組のディズニーランドがどうしても勝てないところがあるそうです。

それが京都だそうです。

京都は、年間5000万人が訪れるそうです。

この瓦業界も京都と同様、やはり地域団結で挑まないと絶対に
不況を乗り越えれないと思います。


総会の後、新年会が、夜中まで、和気藹々と続きました。




2009.01.22[木] 山腹から噴火!

こんばんは、まーやんです!

今日は、クリームパンのご紹介ですフランスパン

2009.1.22クリームパン1

レシピは、以前に紹介しました分で。
「★菓子パン用生地★」と「★電子レンジでカスタードクリーム★



ま~るく、上手に焼けたと思うでしょう?!




しか~し!

2009.1.22クリームパン2

パンの山腹から噴火してしまいました~!


※黒いのは、チョコチップです。

包み方が甘かったようです・・・汗とか

なので、実は、クリームがあまり入っていないんですよねkao06

手作りならではの、愛嬌です! と言っておきましょうか・・・。

クリームが減った分、ヘルシーなはずふるーつ☆Cultivation・笑(小)





2009.01.21[水] 初窯です。

こんばんは。ミッチーです。


先週の土曜日、日曜日に達磨(だるま)窯に参加させてもらいました。

2009年1月21日1

先月にも参加させてもらいましたが、今年初めての窯炊き。
いわゆる初窯です。

2009年1月21日2

この窯カッコいいでしょ!!
2009年1月21日3


この達磨釜は、私の地元にその昔、何百基とあったのが嘘のようです。


もう一度あの達磨窯を!!
この津井に「復活 達磨窯」を合言葉に昨年から始まりました。

今、津井には50数件の瓦製造元がありますが、全てほとんどがガス窯です。


下記の写真が現代のガス窯です。

2009年1月21日4


市場原理主義が滅びかけている今、
これからは、人と自然の共生していく時代?

時代にピタッと折り重なるテーマ性をもって
時代と即して、瓦とは、何か?ということをつくづく考えさせられます。

山田脩二さんの達磨窯プロジェクト。このような企画に、今、この時に参加できることに感謝したい。

内容に関しては、また後日にね。




2009.01.19[月] HP作成に至るまでのお話(第2弾)

こんにちは、まーやんです!
今日は以前にご紹介しました、HP作成に至るまでのお話(第2弾)です(´∀`)

マルアサのHPを作成するにあたって、一番大変だったのが
「施工例」の写真を集めることでした。

2009.1.19

私達、瓦製造所では、瓦を仲買人に買ってもらい、
そこからは何処の施工現場に持っていかれているのかがわかりません。
たまたま、現場名を知ることもありますが・・・。

私達が製造している「80枚判小瓦」という瓦は特殊な瓦です。

日本の三大瓦産地の中で淡路いぶし瓦は兵庫県の
淡路島で生産される粘土瓦のブランドで、全国一の生産量を誇ります。
そしてマルアサは、全国363件の事業所(※経産省工業統計調べ)がある中でも
数件しかない希少価値の高い「80枚判小瓦」を専門に製造している窯元です。

一坪(畳約2枚分)当たりの所要枚数が約80枚で、
規格判(一坪当たり約53~56枚)よりも小さく、
屋根はもちろん、家の門、庇、塀等のエクステリアや、お寺のお堂、鐘楼、
茶室等によく使われるので、以外と見つけやすいんですよね吹き出し

なので、旅行先にはいつもカメラを欠かせません。
いつも瓦がありそうな場所を選んで、旅行先が決まるみたいな。
瓦の街並みや寺院等を、子供を抱っこしながらウロウロと彷徨い歩いてました。
正直、最後の方には疲れてましたが汗


そんな感じで、施工例を集めること 数年・・・
ようやくHPが完成したのでしたピース

2009.01.16[金] あのお店の味★バターサンドクッキー★

こんにちは、まーやんです!
今日は、最近はまっている手作りお菓子ご紹介です。

それは、「あのお店の味~バターサンドクッキー~」です!

よく、北海道のお土産に買われる、あの有名なお店のバターサンドに
近い味に仕上がってるはず?!

2009.1.16

実は、写真のクッキーは失敗作であります。
クリームが分離してしまいました汗とか
クリームは、丁寧によく混ぜましょう・・・。
でも、味は、補償します!


市販のお菓子も美味しいけど、

やっぱり手作りが一番!

愛情込めて1つ1つ作ったモノには、市販で機械により大量生産されたモノよりも
いろいろな意味でがあり、思い入れもあります。
だからこそ、おいしく感じるのかなうしし


私達の造る「小瓦」も、機械だけに頼らず、熟練の職人さんが
手間隙かけて一枚ずつ瓦を磨き上げます。
そういう一手間に “付加価値” がつくのではないでしょうか・・・。





★バターサンドクッキー★

●クッキー生地●
小麦粉・・・・・・・・90g
アーモンドプードル・・・30g
ベーキングパウダー・・小さじ1
無塩バター・・・・・・60g
砂糖・・・・・・・・・50g
卵黄・・・・・・・・1個分
バニラエッセンス・・・・適量
●バタークリーム●
無塩バター・・・・・・50g
砂糖・・・・・・・・・10g
ラム酒・・・・・・・小さじ1
卵白・・・・・・・・1個分
グラニュー糖・・・・大さじ1
レーズン・・・・・・・適量
◆下準備◆
・粉類は合わせて2回ふるっておく。
・卵は黄身と白身に分けて、バターと共に室温に戻しておく。
・レーズンはラム酒(分量外)を少しふりかけておく。

◆クッキーを作ります◆
①バターをハンドミキサーでクリーム状になるまで練り、砂糖を加えて更に混ぜる。
②なめらかになったら卵黄とバニラエッセンスも加えて混ぜる。
③②に粉類をもう一度ふるいながら加えてゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
④まとまったらビニール袋などに入れて3㎜厚程に均一にのばして
冷蔵庫で30分以上寝かせる。(一晩置いても可)
⑤固まった④を好みの形に切るor型抜きしてクッキングシートをひいた天板に並べ、
160℃に予熱したオーブンでうっすらキツネ色になるまで10~15分焼く。
焼けたら網の上などに並べて冷ましておく。

◆クリームを作ります◆
①卵白とグラニュー糖で9分立てのメレンゲを作る。(しっかりめに)
②バターは室温に戻しておき(かなりゆるゆるの状態にしておくと
成功率が上がる模様です!!)ハンドミキサーでクリーム状になるまで練り、
砂糖を数回に分けて加え更に混ぜる。
③②に①を何回にも分けて少しずつ加え、なじませてゆく。
 ※分離しやすいので、注意。
なめらかになったらラム酒(様子を見ながら少しずつ)とレーズンを加えてしっかり混ぜる。


◆仕上げます◆
クッキーでクリームをサンドして完成。

2009.01.14[水] 浅草寺にて見たものは・・・。

こんばんは。ミッチーです。



先日の家族旅行で浅草寺に行ってきましたが、
この寺へは、約10年前にも行きましたが、
境内には、お馴染みの雷門、五重塔、観音寺などが集まり、
観音様にお参りするまでに日本瓦も沢山、目にすることが出来ます。


今回は、初詣もそうですが、一度この目で確かめたいものがあり
足を運びました。



その途中に、宝蔵門があるのですが、
この屋根、実は、金属で出来た瓦なのです。

2009/1/14-3

私は、チタンで出来た金属屋根瓦を、初めて見たのですが・・・・。
言葉が出ませんでした。

瓦屋の私でも正直よく出来ているなと思いました。
まして、瓦屋でない一般の人が見れば、尚更、違和感がないのだと思うでしょう。

これも時代の流れでもあるのか・・・。

2009/1/14-1


焼き物のいぶし瓦特有のまんだらになる経年変化も少し表現されているようでした。

本来、瓦には、なんとも言えない温もり、あたたかさを感じることができ、
古くなればなるほど味が出来てくる色合いが特徴ですが・・・・。

下記の写真は、本物のいぶし瓦ですが、違いがわかりますか?
2009/1/14-2


う~~ん!!
これは、日本文化に緊急事態です。こういった金属瓦が浅草寺に使われるなんて・・・。


例えば、キャンプ場でご飯を炊くとき、
飯ごうと、高級炊飯器では、
どちらが、美味しいだろう?

確かに高級炊飯器で炊くご飯は、おいしいだろう。
しかし、高級炊飯器では味わえない何かが、
飯ごうのごはんにはあると思うのです。

その差は何処で違うのか?
イメージ? 味わい? 
おそらく情緒だと思うのです。

いぶし瓦とチタン瓦の違いもその差ではないだろうか?
こんなのを思っているのは、瓦屋だけなのかな~?



2009.01.12[月] 行列の出来る「かりんとう」

こんにちは、まーやんです!

お正月休みに、2泊3日で家族で東京に遊びに行ってきました。
東京に行くのは4年ぶり?!
(ミッチーは、いつも一人で遊びにいっていますが・・・)
ちょっと、おのぼりさんの気分です^m^

2歳の娘には、初モノばかり!
新幹線で大はしゃぎし、東京タワーに感激!
メインの横浜アンパンマンこどもミュージアムでも大興奮アンパンマン
初詣にと来た浅草寺では、焼きたての人形焼を食べて満喫。
私としては、せっかくなので違う所に行ってみたかったのですが、
やはり今回は、子供中心で 汗とか

2009.1.6浅草



最終日は、東京駅地下のグランスタでお土産を買いに。
なんでも行列が出来る、かりんとう屋さんがあるとかで・・・。

「行列ができるかりんとうって、どんなかりんとう?!」

私が向かったのは、「日本橋錦豊琳」。
平日だったので待ち時間は30分ぐらいでした。


パンフレットには、、
黒糖・きび砂糖・洗双糖・ねぎみそ・野菜・きんぴらごぼう・
胡麻・黒こしょう・十穀・七味唐辛子・竹墨・そば塩
素材本来の自然な風味を大切に生地は国内産小麦粉を100%使用。
天然酵母「白神こだま酵母」を用い木樽の中でじっくりと熟成発酵させたのち、
菜種油一番絞りで軽やかに揚げています。
日本伝統の味わいをいかした身体と心に優しいかりんとうです。


2009.1.6浅草2


なんだか、かりんとうからは、想像が付かない味が・・・。
「子どもの頃から食べ慣れたおやつ」なのに「今までにない味」、
しかも「体にやさしい野菜系」、それが「行列でなかなか買えない」、
となれば行列が出来て当然……ということですか!

今はなんでも調達できる時代で、たいがいの商品はありふれています。
その中で、「ちょっと食べてみたいな」と思える“希少価値”ですね。
そこがヒットする秘訣なのでしょうか。


私も、“希少価値”のある「小瓦」に、こだわりをもっていたいですね。
かりんとうの歴史は、なんと1200年。(ちなみに、瓦の歴史は1400年)
遣唐使によって唐から伝えられた唐菓子が「かりんとうのご先祖様」らしいです。

「たかが、駄菓子とあなどるなかれ!」

昔ながらの素朴なもの。そこには、天然素材で作られた確かな本物が・・・。
素朴なものだからこそ、流行に流されず、飽きられず、
いつまでも受け継がれていくのでしょうね。




2009.01.04[日] DSiで脳トレ!

まーやんです!
明けましておめでとうございます絵文字名を入力してください
今年もよろしくお願いします。


さっそくですが、とうとう「任天堂DSi」買いました(´∀`)
なぜかと言うと、「漢検DS2」がしたかったから・・・。

2009.1.4ds


パソコンを使うことが多くなり、字を読むことが出来ても、
書くことが物凄く苦手になりました。
ちょっとした漢字が書けないんですよね~汗

よく考えるとほんと、「紙に字を書く」という当たり前のことが
最近なくなってきました。
手紙よりもメール、
スケジュール帳も、携帯電話にメモ。
そして、字の練習をしようと思えば、DSで・・・。
ほんとデジタルな時代ですよねぇ。
確かに、生活はいろいろ便利にはなってるんですけどね~。


でも、このデジタルなモノが曲者。
次々に新しくなり、「流行り」に流され。
気づけば、ガラクタの山が・・・。


そんな流れの速い時代の中、住宅建材でもそうです。
次々に新しい建材ができ、流行するものの何十年も住んでいると、
いざ修繕する時には、その建材は既に製造中止なんてことも・・・。


しか~し!

私達が造っている「いぶし瓦瓦1」は、昔から変わることがありません。
だからこそ安心して瓦を葺くことが出来ます(´∀`)
と、ちょっとアピールを・・・。


デジタルなモノも便利だけど、
アナログなモノには、人の心に響く何かがあるのではないでしょうか・・・。
と、いうことで少しは漢字を覚えて手紙でも書いてみようかな?!(*^_^*)

2009.01.03[土] 家の風習!!

こんばんは。ミッチーです。




今年は喪中ということで、いつもの正月とは、ちょっと違います。

正月用のシメ飾り作りや、年始の初詣など
何かと出来ないことが、寂しかったです。

又、1日の年賀状も喪中のはがきを出したため、こなかったのが、
なんとも寂しい事かとつくづく感じました。




では、普段どんな元日を過ごしていたのだろうか?

昔から私の家では、まず朝起きると、男が、雑煮を作ることになっていました。
すごいでしょ?
私の親父は、料理なんかするような人ではなかったのですが、
この日は、特別。
ぶつぶつ言いながら、作っていたのを思い出します。
私は、ぶつぶつ言いながら、結局は、作らないままで・・・。

そして出来た雑煮とお酒、御餅、柿串をまず、床の間へ供えます。
そして瓦工場に持って行き、瓦を焼く窯の前に供えます。

それから、家に帰り、家族全員でおせち料理を頂くのです。
そうしているうちに、年賀状が届き、目にしながら会話がさらに膨らみます。

その後、先祖のお墓に手を合わせにいき、近くの神社に参りに行きます。
そして、午後から伊弉諾神宮にお参りに行き、家内安全、平穏無事、商売繁盛を祈るのです。


これが、私の家の風習です。


そんな事がないお正月は、やはり寂しい感じがしますね。

2009.01.01[木] 謹賀新年!!

新年、明けましておめでとうございます。

ミッチーです。



新たな年が始まりますね。

今年1年が良い年であり

家族が、健康で過せる事に感謝し

出会いに感謝できる1年にしたいと思っています。


本年もどうぞ宜しくお願いします。
マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

ミッチー&まーやん

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。