イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2008.12.06[土] いぶし瓦って?

ミッチーです。


まーやんが先日書いた”いぶし銀って”の文章に
”いぶし瓦”についての補足です。


窯で約1000度まで加熱焼成された白地を、
いったん900度前後まで、冷却し
この状態で、炭化水素を含むガスを白地表面に接触させます。

つまり、無酸素状態の密閉された窯の中で、
煙をモクモク発生させ‘いぶす’わけです。

昔は、松の葉や枝で燻していました。
そして、白地表面を結晶子が被い薄膜を作ります。

この独特の方法を“いぶし”とか“コミ”と呼び、
独特のいぶし銀ができ、いぶし瓦が出来ます。
※白地・・・型で形成された状態で、乾燥された状態の瓦。
       まだ、窯で焼かれていないもの。

以上がマニュアル的な説明になります。。



三州瓦のいぶし瓦は、黒く、
淡路のいぶし瓦は白いと言われます。
予断ですが、石州瓦は赤い!まぁ、いぶし瓦ではないのですが・・・。




なぜ淡路瓦は、白く、白銀とよばれるのか?
それは、瀬戸内の海の反射された光をふんだんに浴びた土を原料として
使っているからなのでしょう。





又、淡路島(津井)には、様々な自然が数多くあり四季折々の彩りをいぶし瓦は、
自らの姿に映し出すとともに、それ以上に深みと情緒を醸しだす為、
季節によってもいぶし色の見え方が変わって見えます。

2008年12月6日

朝、夕でも見え方、その人の気分によっても見え方が変わります。
まさしくいぶし瓦は“いぶし銀”という名を持つ単色ではないのです。


いぶし瓦は風土・人の心を映します。
スポンサーサイト
マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。