イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2012.03.22[木] 看板な娘。

こんばんは。ミッチーです。

毎日晴れて日差しに暖かさを感じます。



こうなると待ち遠しいのが春の季節

最近は、暖かくなったので、工場の方へ子供達も遊びに来ます。

1203211.jpg



この娘達が居ると、工場が明るくなり、
お客様も寄ってくる。?
寄って来れば瓦も売れる??

㈱マルアサの期待の看板娘です。
たまに、この子供達で皆様のお出迎えしています。



看板娘にちなみ、看板と言えば・・・・


この度、マルアサの突出し看板が完成しました。

1203213.jpg

今までの瓦屋のイメージにとらわれず、マルアサらしさ強調した
看板です。

コンセプト~粧~にちなんだ、爽やかさを前面に出して作りました。

1203214.jpg

今回もデザインは、まーやんです。

少し円淵のグラデーションの色合いが少しきつかったかなと反省しつつ、

1203212.jpg


新しい気持ちでお客様をお迎え、瓦の注文のお出迎えをしたいと思います。



ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

2011.08.30[火] DETAIL・・・小さい瓦の大きな機能性

こんばんは。ミッチーです。

話題が少し古くなりましたが、
なでしこJAPAN、国民栄誉賞おめでとうございます。

それでもってプレゼントが伝統工芸品に指定している熊野筆 のメイクブラシ。


熊野筆は超有名ですよね、他のモノと肌触りが全く違うそうです。
メイクは筆一つで仕上がりが全然変わってくるみたいですね。

私は男ですから使いませんが女性なら使ってみたい一品です。
なかなか粋なプレゼントだなって思い,
これをキッカケに女性の間で人気が出るかもしれませんね。




筆と言えば、
なでしこJAPANに肖り、マルアサの小瓦の特性を
筆を使って表現してみたいと思います。




瓦の大きさは、どのようにして決まるのか?

私は、建物と人間の距離感に合わせて瓦の大きさが決まると思います。
つまり、距離が近いほど小瓦は『表現力』に幅を持たすことが出来ます。

201108225jpg.jpg

↑上記写真、左の模擬塀に使用されているのが規格サイズの瓦。1㍍に約4枚使用。
右の模擬塀に使用されている瓦が当社の小瓦で1㍍に約5枚です。

この距離感では、やはり小さい瓦の方が目に軽く映るのがわかりますよね。
そして繊細さが伝わります。


大きい瓦が太筆とし、小さい瓦が細筆とすれば、

2011082212.jpg


絵を描く時、
太い筆と細い筆では、細い筆の方が、
より繊細な美しさを表現できるように

規格サイズよりも小さい小瓦は、
繊細で、細やかな表現を可能にする力があり
上質で優雅に空間を魅せる事ができるのです。


2011082210jpg.jpg


比較的目線に近い場所に使われることにより
圧迫感がなく視覚的な広さが生まれます。


屋根にはもちろん使われますが、
塀・庇・門や茶室などによく使われるのは
納得ですよね!!







瓦を新しい視点からとらえ、
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第8弾”。

今回は“小瓦の機能性”編でした。

201108226jpg.jpg


201108227jpg.jpg

デザインは、今回も“まーやん”です。

今回も何回も家族会議により、このような表現に至りました。
これもまた、私達の自信作です。





ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2011.04.12[火] 主張する看板、”第7弾”  無病息災・・・『磨き工程』篇

おはようございます。ミッチーです。


瓦を新しい視点からとらえ、
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第7弾”。

前回に引き続き、今回は“磨き工程”編です。

11041016.jpg

成型された瓦の表面を職人が、一枚一枚金ヘラ、コテ、ホース等で滑らかに磨き上げ、
美しい光沢を出します。


そして木製の瓦台(磨き台)に瓦形状の整形を目的とし、
たたき棒を用いて添わす作業が在るのですが、
ただ素地の形状を整えるのでなく、
造り手の魂が打ち込まれ、
生きた心が刻まれます。


↓パンパンパン!

11041015.jpg


11041011.jpg
↑たたき棒のグリップ部分には無病息災の文字

マルアサでは先代からこのスタイルです!

11041013.jpg

作り手の「想い」「心」が、使う者や屋根の下で住む人の「心」に届く仕事。

幸せを願って一枚一枚育てれば、
その想いにきっと瓦は答えてくれます。




11041014.jpg
今回もデザインは、もちろんお馴染み、“まーやん”です。

11041012.jpg

↑無病息災がタイトルのこの看板は、
宗教色が出て色々悩みましたが、
瓦は元々仏教建築から始まったので、こんなのも有りではないでしょうか?

実はこのパネル、
昨年の400年祭には既に登場していたのですが、
すっかりブログで紹介するのを忘れてたのを今回紹介させて頂きました!


11041018.jpg


マルアサの内なる想いを表現

渾身の力を振り絞った一枚です。

皆様、伝わってますか?



ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2011.04.09[土] 主張する看板、”第7弾” 『磨き工程』篇

こんばんは。ミッチーです。


下記は昭和35年ごろの瓦製造工場風景です。

1104103.jpg


1104104.jpg

↑プレス成形工程

1104101.jpg

↑乾燥工程


1104102.jpg

↑磨き工程



下のカラー写真は現在のマルアサの工場風景です。

1104107.jpg

↑成形工程

1104106.jpg

↑乾燥工程

1104105.jpg

↑磨き工程

1104109.jpg

11041017.jpg


㈱マルアサは伝統的な造りの技術を頑なに継承する一方で
機械を使った商品供給の安定をねらった製造にもいち早く取り組みました。

しかし、
時代に即して、機械化しても自動化にしない
のが、㈱マルアサのポリシーです。


成形、乾燥、磨き、焼成など、それぞれの工程に
人の手が入ることに意義があるのです。



何気ない風景を、何か表現できないか?

瓦を新しい視点からとらえ、
新しい意味づけを与えて
それを写真・文字を使って主張する看板、”第7弾”です。

今回は“磨き工程”にスポットを当てて表現したいと思います。



続く・・・・


ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

2010.11.27[土] 粧いも新たに。

こんばんは。ミッチーです。

日増しに朝、夕の寒さがグッと増してきましたね。

201011271.jpg


先日、上越に旅行に行った時の空からの写真です。
山には雪が降ったようで、すっかり冬の山へと衣替えしてましたね。


ところで、我がマルアサの職人達も夏用エプロンから、
長袖の冬エプロンに衣替えしました。

201011273.jpg



201011272.jpg


201011274jpg.jpg


今年も残りあと1ヶ月あまり、粧い新たに良い年末を

迎えたいです。







ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村


マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

ミッチー&まーやん

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。