イイ-カゲンなブログ in 淡路島

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2014.10.22[水] 特注品「卍の巴瓦」

雨がシトシト降る中、
工場ではプレス機の音が鳴り響いております。

特注品の『卍の巴瓦』の作製現場より。

261022-2.jpg

卍とは、一言で言うなら吉祥の紋です。つまり幸運を意味する模様、
マークとして、洋の東西を問わず使われた形です。
ヒンドゥー教や仏教では、ビシュヌや釈迦の胸のつむじをも意味して、
力や和の元という意味もあります。

261022-1.jpg

そこで、気になったのが「書き順」。
総画数が6画ということした。

manji1.png

以外に書けませんよね。この書き順では・・・
2画で、一気に書いちゃいます(笑)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!よろしかったら、応援のかわりに
ポチお願いします音符
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

2014.10.07[火] 2.5寸一文字軒瓦(特注品)

このたびの台風18号の通過に伴い被害にあわれた皆さまには、
心よりお 見舞い申し上げます。
また、週末にも台風が迫っておりますので、お気を付け下さい。

さて、先日、2.5寸一文字軒瓦の特注品のご注文を頂きました。

261007-1.jpg
少し茶色に乾燥している白地の瓦が、1.5寸垂れの一文字軒。
垂れの部分が長い方が、2.5寸垂れの一文字軒瓦。

この垂れの長さには、何か意味があるのかな?という事でリサーチしてみると
どうやら、垂れの長さで豪華さを競うという諸説が・・・。



261007-2.jpg

ちなみに、「一文字軒瓦」の名前の由来は、下記の写真のように
垂れの部分の下端が、瓦を並べると横一文字になるということだそうです。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!よろしかったら、応援のかわりに
ポチお願いします音符
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2014.09.12[金] 特注品(左ミツ巴軒瓦)

ごぶさたしております!
久々の更新になります。

特注品。左ミツ巴軒瓦を作製中。
只今、乾燥工程。

260912-2.jpg

岡山市内のお寺の塀瓦に使われる予定です。
施主様のこだわりで既存の塀瓦を忠実に再現されてます。



ご訪問ありがとうございました!よろしかったら、応援のかわりに
ポチお願いします音符

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

1クリックしていただけると更新の励みになります。(*^▽^*)ゞ




2013.06.29[土] 家紋瓦

おはようございます。ミッチーです。

ここ最近は湿度が高く、蒸し暑い日が続きます。
今日からまた数日、晴れ間が続くみたいで、

私個人的にはまとめて雨が降って早く夏が来ればと思ってしまいます。




さて昨日のマルアサは、焼成窯から


特注品であります、
2506307jpg.jpg
下がり藤の紋様軒瓦が出てきました。

2506302jpg.jpg

職人により煤(すす)を払い落され、
2506301jpg.jpg

丁寧に包装されます。

2506303jpg.jpg

2506304jpg.jpg




下がり藤の藤は長寿で繁殖の強い、めでたい植物である事に
あやかって家紋として取り入れたのが起源のようです。


又、卍紋軒巴です。
2506308jpg.jpg

2506306jpg.jpg

2506305jpg.jpg


日本の『家紋』には、日本特有の「意味、歴史、文化、伝統」が
凝縮されており、世界に類を見ない、世界に誇れる「日本固有の文化」です。

また『家紋』は、それぞれの施主様に伝わる大切な「印」であり、
様々な大切な想いが込められた文様です。

マルアサは、家紋瓦を製作するに当たり、家紋に込められた意味や思いを出来るだけ学び
日本の伝統文化の火を絶やさないとの想いを込め
大切に製作継承して行きたいです。


ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




     淡路島で、職人が一つ一つに想いを込めて、手作りで創作した作品の
     オンラインギャラリーショップです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2013.04.05[金] 新しい息吹

こんばんは。ミッチーです。


2504051jpg.jpg

近所の風景です。

今、桜が満開です。

桜は見る人の体調、心理状態によって千差万別の愛で方になります。
平穏な暮らしの中で見る桜は一番であり、生きている喜びを感じます。
昨年見た桜と今年の桜では見え方が全然違います。
去年の私は、桜が視界に入っても心で見ていない。そんな感じでした。


今は、すべての草木が新しい息吹をみせている時、
大いにあやかって元気で来春も美しい桜を心ゆくまで眺められるように・・・



さて、いぶし瓦は四季折々の彩りを自らの姿に映し出すとともに、
季節によってもいぶし色の見え方が変わって見えます。

朝、夕でも見え方、その人の気分によっても見え方が変わり、
いぶし瓦は“いぶし銀”という名を持つ単色ではないのです。

いぶし瓦は風土・人の心を映します。




ところで今日は、金型によって成型された卍の紋の軒瓦です。

2504055jpg.jpg

磨き工程を経て、乾燥しています。

2504052jpg.jpg


又、卍の紋の巴瓦も成型されました。

2504054jpg.jpg

2504053jpg.jpg

金ヘラでビリを取り、磨きを加えていき
乾燥・焼成へ至ります。
完成までもうしばらくです。


職人によって陽春の新しい息吹が感じられる、
燻し瓦が生まれてきます。


ポチよろしかったらお願いしますね。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




     淡路島で、職人が一つ一つに想いを込めて、手作りで創作した作品の
     オンラインギャラリーショップです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


マルアサ★リンクサイト
株式会社マルアサWEBサイト
詳しくはHPで!


Maruasa online gallery

マルアサfacebook


プロフィール

ミッチー&まーやん

Author:ミッチー&まーやん
「イイ-カゲンなブログin 淡路島」へようこそ!
私達は、淡路島でいぶし瓦を製造しています。
瓦についての話、淡路島の紹介、日常の出来事等を良い加減(イイ-カゲン)にお伝えします。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
13.2.13
マルアサfacebook
始めましました。
12.12.13
Maruasa online gallery
開設しました。
10.7.29
HPリニューアルしました。
09.1.27
「製造工程」追加しました。
08.7.25
HPリニューアルしました。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。